FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近のサークル内でのCrysis事情

こんばんは。

ちょいと更新時間がおかしいのは、生活リズムがずれてしまっているだけなのでご了承ください。

ちなみに健康面では非常に良好です。

夜更かしができるのは若いうちだけですからね。楽しんで夜更かししましょう・3・





実はこの土日はメイポをしたかったのですが、とある事情により全くログインができなかったんですね・・・

それがこれ。

201011093.jpg

・CRYSIS(クライシス)
参考
公式ページ:http://www.japan.ea.com/crysis/

これがいわゆるFPS(First Person Shooter)っていうやつです。

特にCrysisは近未来が設定なので、主人公は銃で撃たれてもある程度死なないナノスーツを着ています。

本当はストーリーモードが中心で充実したイベントを楽しむゲームで、マルチプレイヤー用の「インスタントアクション」がおまけ程度に入っている程度なのですが、同梱されているソフトに・・・

201011094.jpg

MAP編集ツールが入っていまして、マルチプレイヤーで遊ぶときは勝手にいじって遊べてしまいます。

その他、公式サイトでもMod(自作武器、キャラクター、MAPなど)を配布していまして、自作でもアップロードすることによって他のプレイヤーでも遊べるようになります。

参考
MOD配布サイト(英語のみ):http://www.crymod.com/portal.php





そんなわけで拡張すればいくらでも楽しいCrysisなのですが、何故これにハマっているのかというとサークルに持っていけばみんな(PC6台で6人)で楽しめるからなんですね。

本当はもっとマルチプレイヤーで遊べるようなFPSのゲームもあるのですが、現在サークルで流行っているのがこれなので配布サイトからダウンロードしたり、自作したMAPを持っていって遊んでいます。



サークルで6人がそれぞれPCに向かっているって言うのは光景としては異様ですが、声こそあっても

やっていることは結局オンラインゲーム

みたいなものですね。



・・・え、メイポしない言い訳みたいだって?

そ、そんなつもりは(汗





コメント返信
・あらましおさん
>プレイヤーは力をあわせて暗黒の魔法使い(ね○そん)と戦わなければ!!!
きっとそうやってプレイヤー同士の交流ができるっていうサービスに違いないです!

・黒騎士さん
んー、このまま実装ではないでしょうねー。
まあ私より既にたくさん遊んでいるでしょうから、今度感想を伺いたいです。

・マニさん
>テスト鯖じゃと?そんなのやらんぜよ'A`
さすが神!
楽しみは最後まで取っておくとは・・・

・守護神さん
寂しくなりますね・・・
ですが止めるも自由、戻ってくるも自由。それが無料オンラインゲーム(笑)の醍醐味です。
これまで辞めて行った友人達は数え切れませんからね。
というか、オンラインゲームで人生を無駄にしないようにだけはご注意ください。

・ふんだりさん
同上
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking
[ 2010/11/09 02:42 ] その他ゲーム徒然 | TB(0) | CM(1)

最近のサークル内でのRise of Nations事情

どうもご無沙汰しております。

いよいよ授業が本格的に始まりまして、今週はメイポにIN出来ていない状況です。

じつはアラン小説も2週間くらいかけて暖めているんですけど、会話のところで詰まってしまいなかなか進んでいません。

それ以外に関しても凛さんのブログのこの記事じゃないですが、「内容がないy(ry」という状態です。


「ネタがなきゃ、作ってやろうよ、ホトトギス」


とはよく言ったものです・・・




さて、今回は読んでくださっている方にRise of Nationsをお勧めする記事です。

ちなみに私がRise of NationsをRise of Nationと間違えてしまっていたみたいです。

最近入ってきた新入部員が、私たちが奇声をあげながらやっているこのゲームに興味深々なのですが、口下手な我々Riseプレイヤーの説明では分かってもらえないんですねぇ。。


というわけで、まずは公式HPを・・・
http://www.microsoft.com/japan/games/ron/

以下公式HPから抜粋




ゲーム ジャンルの融合
ライズ オブ ネイション ~民族の興亡~は、展開が速くスリル溢れるリアルタイム ストラテジー ゲームを基本としたゲーム システムに、ターン制ストラテジー ゲームの要素が見事に溶け込んだクロス ジャンルの醍醐味を体験できるゲーム。プレイヤーは軍事活動やそれに準ずる諜報活動、外交政策、テクノロジ競争、あるいは領土拡張など、さまざまな戦略を駆使して時代を超えて世界征服を目指す。

壮大な人類の歴史を素早く駆け抜けるための多彩な設定
ゲーム スピードと時代の選択
ゲームの展開を速く進めるゲーム スピードの調整が可能なため、原始時代から現在に至る人類の 6,000 年の壮大な歴史を短時間でプレイできるようになっている。時代は、太古、古代、中世、ルネサンス、啓蒙時代、産業革命時代、近代、現代の 8 つに分けられ、開始する時代も選択可能。




ということですが、一言で言うと時代を発展させて、相手と差をつけてから戦争をして征服しよう、と言うゲームです。

201004212.png


これはプレイ画面です。デフォルトだとゲーム開始時にこのような感じになります。

1、真ん中が都市、その左が図書館です。
このゲームの中で、都市が戦略の中心になります。占領すれば自分のもの、されれば相手のものになります。
ゲームの進め方の基本は図書館で研究をする事です。ここで研究することによって、古代にでも現代にでもなります。

201004213.png
図書館を選択すると出てきます。


2、見えづらいかもしれませんがユニットです。ユニットを作れるのは都市や、後で説明する軍事施設です。

ユニットの種類は、大きく分けると2種類です。
・市民など
生産や施設の作成をすることが出来ます。上の写真では畑での食糧生産や森林伐採による木材生産をしています。
都市を作ることが出来るのも市民です。

201004214.png
これは市民が作成できるユニットの一部です。暗い部分はまだ作ることが出来ません。

・軍事ユニット
それぞれの軍事施設から作ることが出来るユニットです。図書館での研究によって何を作れるのかが変わってきます。
ゲーム開始時には探索兵がいて、自動探索をさせることによってマップを勝手に歩き始めます。(探索兵は攻撃することが出来ません)


3、現在プレイヤーが持っている資源です。この資源を使うことによって生産をします。

見えづらいですが現在の資源の横に「+30」(資源採集量)があり、これは30秒間でどれだけの資源が増えるかと言うことです。
+○○は上限があり、図書館の研究によって上限を増やすことが出来ます。


4、遺跡、希少資源など

・遺跡
ここにユニットを派遣すると幾らかの資源を手に入れることが出来ます。
始めは資源が少なめなので、こういうのはとてもありがたいです。

・希少資源
ここに「商人」を派遣することでユニットの生産速度アップ、資源アップ、コストダウンなど都市発展が有利になります。


5、ミニマップ

全体のMAPを小さくしてあらわしたものです。探索をしていないところは真っ暗になっています。

上で紹介した探索兵を使うことによって効率的にMAPを調べることが出来ます。もちろんそれ以外のユニットで探索することも可能です。





・・・




さて、そろそろ飽きてきたかもしれないので、部室でも時々行われている鬼畜プレイの数々を紹介していこうと思います。









鬼畜プレイ1

201004217.png

技名:ヘリゲー

解説:ゲーム終盤になるとユニットを瞬時に作成できるようになり、沢山の飛行場から一気にヘリコプターを量産することによって空を覆うような生産を行うことが出来ます。




下はそれが相手の都市に向かって集中砲火している様子です。右の集まっているあたりには150機以上のヘリコプターが集中しています

201004218.png














鬼畜プレイ2

201004219.png

技名:ヘリ落とし(そのまま)

解説:上で説明した「ヘリゲー」の応用です。戦闘機などの航空兵器を全選択して削除するとこうなります。
実はこうやって破壊したユニットは下の施設やユニット(敵味方関係なし)にダメージを与えることが出来るので、これで「カミカゼ特攻隊」のような無理心中を図ることが可能です。コストはかなり悪いですが・・・










鬼畜プレイ3

201004215.png

技名:キャンプファイアー

解説:産業革命時代以降に作成できるユニット「火炎放射兵」に地点指定で攻撃を行ったところ。またの名を「ミステリーサークル」












鬼畜プレイ4

201004216.png


技名:自分の首都でもキャンプファイアー

解説:普通は自分の都市を攻撃することが出来ないのですが、地点指定によって攻撃を可能にしました。
ちなみにこの状態で敵兵がやってきた途端に占領されて負けです。





これはほんの一部にしか過ぎません。サークル内では日々こういった鬼畜プレイを研究する人もいるのです。

参考
習志野コンピュータクラブ公式HP

※ここにはRiseのことは書かれていません。
FC2 Blog Ranking
[ 2010/04/21 18:35 ] その他ゲーム徒然 | TB(0) | CM(1)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。