スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シリーズ、あの狩場は今・・・ その5 ビクトリアアイランド 中央ダンジョン

昔々・・・まだメイプルストーリーに大陸がひとつしかなかった頃・・・




201003181.jpg







大陸の4つの町の中でも、とびきり勇猛な冒険者達が挑み、目指したダンジョンがありました。










彼らはそこで友情を育み、自らを鍛え、そして最深部にいるボスと戦いました。




当時はまだ誰も画面全体のモンスターを駆逐する技や魔法も無く、冒険者達は互いに助け合って戦い続けました。





それは私も伝え聞いた話・・・文献にも無く、確かなことは分かりません。







・・・








・・・・・・

















数え切れないほどの時が過ぎ去り、2010年。





時の流れは早いものです。

201003074.jpg

まさに光陰矢の如しですね。





今は寄り付く人も無く、遺跡になったその場所に、自称「世界ふ○ぎ発見のリポーター」金剛が訪れました。

実際は誰も来ない、という訳ではなく現在も「アリの巣」は低レベル者たちにグループ狩りで愛される憩いの場となっています。


それだけでなく、新しいエリアボスも住み着き(実装され)、場所によってはまだ人を見かける時もあります。


201003182.jpg

こんな感じのやつです。金剛が来たときには、オトナの事情で会うことが出来ませんでした。







問題はここからです。

いよいよ奥に入っていくと、一つ目の黄色い奴がいる縦穴MAPの向こうに、こんなところにたどり着きます。

201003183.jpg

ミニMAPの赤丸MAPに入ったときの位置です。

同様に青丸元に戻れるワープです。






このMAPと前のMAPのモンスターの情報です。

ebichan.jpg

一つ目の黄色い奴(エビルアイ)
レベル:25
HP  :720

doreiku.jpg

鬼畜な恐竜(ドレイク)
レベル:50
HP  :3200



帰るためには、このMAPで急にグレードアップしたモンスター(当社比 レベル2倍、HP4.5倍)をくぐり抜けなければならない・・・













・・・そう、ここが初めてやって来た初心者をトラウマにさせるトラップなのです!!



ここで優秀な冒険家なら、これにめげずにどんどん退治していくでしょう。





でももし、ここを運が良く通り過ぎる初心者がいても・・・

さらに進んでいくと更に初心者を進めなくさせるトラップが現れます。

201003184.jpg

カードが出てるのでニヤニヤしている怪しい奴は放っておきましょう。





このMAPはとても広い、今でも時々迷うほどです。

それにこれまでのMAPと一転して青白い雰囲気が恐怖をあおります。

しかも下から訳も分からない噴水が沸いて、ここに来る冒険者を妨害します。



まあこんな感じでいろいろ大変なのですが、そこを通り抜けることのできた勇猛な冒険者には、最高の狩場が用意されています。

201003185.jpg

見えるでしょう、この札束が!

また、エルナスも無かったので、ワイルドカーゴのドロップ品201003186.jpgは「召還の石」作成のために高値で取引されていたということで、苦労の末に得られた宝石、いわば昔のヨーロッパにおける香辛料のようなアイテムでした。







それだけではないです。この先にある神殿(リプレの先にある奴とは違う)には、なんと当時最強だったあいつがいるのです!!




















tashiro.jpg








・・・









あー違った










201003187.jpg



たしゅ・・・たう・・・タウロマシスです!!





ただ、ここにたどり着くためときにも注意が必要です。

201003188.png

1.だと「ドレイクの食卓」しか行けず、2.からのみ行けるのですが、そちらでも「別世界への」ではなく「別世界への」に行ってしまうと「バルログ遠征隊」に行ってしまい、さらにそこからペリオンに戻ると、神殿に戻れなくなってしまうので注意が必要です。

201003189.jpg









というわけで、バトンタッチして、自称「ハイ・風呂あがり・ジャンパー」特攻疾風で再度訪れました。



2010031810.jpg

神殿は昔来た時に比べて、ぜんぜん湧きが違うような気がしました。

「メルアップ」「アルケミスト」があり、低燃費ッピッピーなスキルの多い投げ賊では大黒字でした。



その後で、最深部「呪われた神殿」に着いたのですが、Jr.バルログにはお目にかかれず、この記事も終わりを迎えそうです。



中央ダンジョンは当時最強だったダンジョンですが、モンスターの最高レベルも70ほどで、ここで100レベルを達成していた当時のプレイヤーの凄さを実感しました。

今のダンジョンみたいにMAPが平坦じゃないんです。クネクネしてたり、乗り越えられない段差があったり・・・

ここを創ったネクソンスタッフの手の込みようが容易に想像できます。



執筆時間1時間55分・・・頑張りました。これまでなら、この分量であれば記事を分けていたと思います。
でもこれだけではないんです。構想、ネタ取り、ネタ写真探し、それでやっと執筆・・・とかけた時間は数える気も起きません。
こうやって少しずつ書けるようになるといいですね。
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://resuketan.blog102.fc2.com/tb.php/29-47ff0bc9















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。