スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グループ狩りにおける「役割」ってなんだろう

今日はブログネタを捜し求める時間があったので、当ブログのリンク集のRSS機能や、FC2ブログランキングなどであちこちのブログ様を見回っていたのですが、「あき弩育成CHU☆」様のこの記事が物議をかもしているようですね。

追記を見ないで本文だけ読むとかなり気分が悪くなる文章ですが、落ち着いていろいろ読んでみると面白いことが分かってきます。

最近の私のようなプレイスタイル(ソロ狩り主体のナイト育成)では書くことのできない内容だったので勝手ながら利用させていただきます。

ここで言う「聖魔さん」をお好きなグループ職に変えていただければそれはそれで話になるかと思います。

参考
「あき弩育成CHU☆」 ジャクムにおける聖のありかた 追記

良い議題を下さったあきさんにはこの場を借りて感謝します。




疑問に思ったことを考察していこうと思います。





・そもそも、聖魔さんは回復しなきゃいけない?

巷に出回っているオンラインゲームは、グループ狩りをすることによって経験値などのプレイ効率が良くなるように出来ています。

メイプルストーリーはその例外で、ソロ狩りのほうが効率が良かったりすることが多いのですが、特にボス戦においては役割を分けなければ倒すことが出来ないときもあるわけです。

201004141.png


よって、今回も聖魔さんが回復役、DKさんが基本HP増加役、ボウマスターさんが火力増加役、などに分かれていたことが容易に想像できます。


だからと言って、聖魔さんが回復をしなければいけない、という拘束力のある理由にはならないです。

あくまで、ボスを一緒に倒すときに聖魔さんがヒールをしてくれるとボスを倒しやすい、と言うだけですから。

それで言うことを聞かないから反省しろ、というのは傲慢かもしれません。







・じゃあ聖魔さんは回復なんてしなくてもいいの?

確かに上で回復する義務は無い、と言いました。

でもそれで困っている人がいると言うのに何もしない人が、周りから評価されるわけが無い。それ相当のリスクを覚悟するべきでしょう。

オンラインゲームはいろんな人がいて、その人のためにしてあげる事にこそ真価があるのは事実ですから。








これらを踏まえて、聖魔さんとうまく付き合って行くやり方を紹介します。

こういうのをメンドクサイと思う人はいるかもしれませんが、あなたの常識がその人にも当てはまるとは限らないですから・・・

参考
[ 2010/04/10 16:11 ] オンラインゲームでマナーを語る前に見て欲しい記事


201004142.png



・まず聖魔さんに回復してもらうことの必要性を伝える(無ければ死ぬ・・・とか)

・それを踏まえて聖魔さんに回復してもらえるかどうか確認する

1.Yes
ありがたく頂戴しましょう。その代わりこちらも状況に応じて助けてあげられることをしましょう。

2.No
これであなたが怒って、グループ狩りをやめるのも一つの手です。何も確認しないで嫌な思いをするよりははるかにマシなはずです。

もし冷静でいられるなら、理由を聞いてあげましょう。攻略が不可能にならなければ言うとおりにしてあげても良いと思います。


あなたが大人の対応をすれば、案外円滑に進んでしまいます。

もし、「回復してくれる」というのに回復してくれなくても怒るのはオトナの対応じゃあないです。

上に書いたとおり強要することはトラブルの元ですからね。

それに聖魔さんにも回復できなかった理由があるのかもしれませんし・・・

まあ喧嘩したいなら別ですけどね。







危ないのは、聖魔は回復するのが当たり前だ!と思うことです。

「聖魔をただのヒールやHSのための道具として見ている」のと五十歩百歩だったりします。






201004143.png

みんなで一つの事をする楽しさはとても貴重なので、あとくされなくやりたいものですね。
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking

ブログの絵文字乱用が困ったぜ(;´Д`)チカチカした(笑)
[ 2010/04/15 02:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://resuketan.blog102.fc2.com/tb.php/55-7fbc3c60















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。