スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

九里歩いて不図思う「科学を学ぶ際に大事なこと(出題)」 リースケの回答

どうも。九里不図さんのブログ「九里歩いて不図思う」にて面白い記事を見つけたので、今日はそのお話です。

参考
「九里歩いて不図思う」このページ
http://9rift.blog82.fc2.com/blog-entry-343.html



・・・



いかがでしょう。

ここではまず科学について考えてみようと思います。

明日から夏休みだから相当眠くなる話題って言う方もいらっしゃるかも知れません。

でも、どうして学校で数学とか理科(物理、生物etc・・・)とかいう「めんどくさいもの」を習っている(習っていた)のか、ヒントになることができるかもしれないので、しばらく我慢して見てもらえるとうれしいです。



「科学」
Yahoo!辞書から引用

「一定の目的・方法のもとに種々の事象を研究する認識活動。」

なんだか分かりづらいですね・・・



そもそも「科」って言う字は「分ける」「分かる」って言う意味らしいです。

だから「分けることの学問」ってことです。


何で分ける必要があるかって?


例えばおいしいカレー屋のカタログを作るとして、もしそのおいしさを全て数字で表せたら、一番おいしいカレー屋がどこかというのは一目で分かりますね。(カレーは私の好みです。)

分かるって言うのは、つまり"ものさし"で計れることなんです。



メイポにしても同じです。

もし私が一番効率がいい狩る方法だと勝手に思っていたとして、それより効率良い方法があったとすれば、私はその時間分を損していることになります。

だから、「狩り」っていう現象を"ものさし"で計れるように「分ける」ことによって、分かるようにする訳です。

そうすれば、どうやれば一番効率が良いかを法則にすることができ、あとはそれに従うだけ、と言うことになります。

流れとしては

実験

理解、法則化(ものさし)

利用

というわけです。

まあ科学が全てなのか、と言われると困りますがね・・・

当然それが絶対ではないし、このブログの目的はこれだけではないですから。



さて、能書きはここで終わりです。

結論は「実験」をすることによって現象を分かるように引っ張り出すことができるってことです。



以下抜粋


1.
メイプルストーリーの世界では、ダメージを受けた時、
次のダメージを受けるまでに一定の”無敵時間”が存在する。
この”無敵時間”は何秒か?
測定する方法を考えなさい。

2.
敵の攻撃によりノックバックされたキャラは、一瞬だけ足が地面についていない状態になるが、
その状態でクァンタムエクスプロージョンを使おうとすると、発動することなくチャージが解除されてしまう。
この” ノックバックによるクァンタムエクスプロージョンが発動できない時間”は何秒か?
測定する方法を考えなさい。

ただし、どちらの答えも正確である必要はなく、0.01秒程度の精度であれば許容するものとする。




測定誤差は0.01秒以内とのことですが通常のモニタだと1秒で60フレームなので、1フレームでも0.016~0.017秒程度です。

今回は1フレーム程度の誤差、と言うことにします。

いずれにせよ、ただ単純に 1. や 2. をストップウォッチで計って終わりにするには、測定誤差が大きすぎます。

実際のストップウォッチでは、0.01~0.02秒の誤差で押すのは不可能です。



じゃあどうしようか・・・



フレーム単位で計算する方法がありますが、出題者(九里不図さん)の意向により、今回はメモとストップウォッチだけで考えてみます。


・1.について

まず”無敵時間”の定義を

「ダメージを受けてから連続な次の接触でダメージを受けるまでの時間」

とします。

もしかしたら実際は違うかもしれません。なにしろこれが正しいと証明する手段がありませんからね・・・

この状況を作るためには、ずっと接触が続く状況を作り、それを長時間測定することによって、測定誤差を減らそうって言う魂胆です。

人間の測定誤差を±0.1秒強くらいであるとすれば、20回程度の時間を測定すれば、0.2秒の誤差があっても20で割れば1回での誤差は0.01秒になるってことです。



さて、実験方法を考えたところで実際にこの方法で実験をしてみました。

まず連続して接触を続ける場所を探しました。

201007203.png

なかなか惜しかったんですが、狩り場に集めるだけだと、20秒喰らい続けるのは不可能です。
素早い上にストップウォッチに集中しながら当たり続けるっていうスキルがあればいけるかもしれません。

201007204.png

結局こうなりました。このように、段差になっていてひたすら喰らうだけ、と言うのがおいしいです。



201007201.png

20回ダメージを喰らった測った結果を複数回測定し、その平均を求めることで確実性を高めました。

理由は確率や統計を勉強してもらえると分かりますが、そういう法則があります。(それも科学だったりする)

さて、そんなこんなで無敵時間は1.4990±0.01秒の範囲内であることが分かりました。

1.5秒程度(90フレーム)ってところですかね・・・



1.についてはバトン?返しますよ、九里不図さん。




さて、ここまでが第一段階です。 2. は九里不図さんも認めていらっしゃるのですが、とても複雑なケースです。

これをモデル化し、誤差が0.01秒になるかどうか分かりませんが、考えてみようと思います。

それでは次回に('A`;


コメント返信

・いちごさん
貴重な情報ありがとうございます。
確かに計算サイトとかでもダメージはそういう換算になっていますね。
DBについては補足記事が必要かもしれません・・・
スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking
[ 2010/07/20 00:40 ] メイプルストーリー 考察 | TB(0) | CM(1)

こんにちは、九里です。
まずはトラックバック、送っていただいてありがとうございます。
サイドバーには表示されないようになってますが、きちんと受け取りました。
ブログをやっていて初めてのトラックバックです。感謝感激です。

「科学」っていう言葉は曖昧ですよね。
単純にscienceの意味だけでなく、人文科学、社会科学というように使われることもありますし。
「分けることの学問」っていうのはなかなか的を射ているような気がします。
カレーのおいしさも、辛さ、スパイス、まろやかさ、うまみ、コク、甘さ、食感、なんかを
誰もが納得いくような5段階評価で分類できたりすると、
食べる前から好みのカレー屋さんが選べるかもしれませんね。

検証の内容については、私が考えてえいたことと大体同じような感じだと思います。
しかもすごくわかりやすく丁寧に説明していただいているので、もう私は記事にする必要はないのかなぁとか思ったりして。
2問目については、とりあえず答えは置いておいて、こうすればできるんじゃない?
くらいで考えてみるといいかもしれません。
私の答えは・・・あまり期待もしないでくださいね;

サルの群れの中で耐え忍ぶ金剛さんの顔、1ダメージ、ジャッドバラアックス、無重力、という構図がなんだかツボです。
[ 2010/07/25 01:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://resuketan.blog102.fc2.com/tb.php/90-2d331fba















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。